十八銀行のオーナーローン

金融機関の個人向けローン商品は、事業性資金に利用できないという欠点があります。事業性資金だけでなく投機性資金にも使えません。法人向けローンなら事業性資金に利用できますが、契約に必要な手続きが多く審査基準も厳しいです。そこで便利なのが十八銀行のオーナーローンです。個人向けローンですが個人事業主や法人役員が利用対象者であり、事業性資金にも使えます。

事業性資金に使えることを除けば、オーナーローンはフリーローンとほとんど同じ商品内容です。どちらも一括借入で資金使途が自由という共通点があります。何にでも使えるので便利ですが、オーナーローンの融資限度額は300万円と比較的少ないので、資金使途によっては借入金額が足りない可能性があります。そんなときは他行のローンを検討しましょう。資金使途によっては教育ローンのような専用ローンが用意されている場合もあります。

オーナーローンの適用金利は段階ごとに3タイプ用意されていて、審査結果によっていずれかが適用されます。一般的には借入金額が少ないほど適用金利も高くなる傾向にあり、オーナーローンもそうなる可能性が高いです。しかしオーナーローンは変動金利なので、市場金利が下がると連動して適用金利も下がる仕組みになっています。そのため市場金利が下がっているときに借りれば、審査で決められた適用金利が高くても、返済期間中に適用金利が市場金利と共に下がるかもしれません。

オーナーローンの不便なところは、自宅あるいは勤務先が十八銀行の営業エリア内にないと申し込みできないことです。営業エリア内に住んでいる(あるいは働いている)ことが利用条件の1つになっているので、エリア外から十八銀行のオーナーローンに興味を持っても利用することができないのです。それでも類似商品を使いたいという人は、都市銀行や消費者金融など営業範囲の広い金融機関から探すと見つかりやすいでしょう。